Skip to content

転職活動は絶対に大手の人材紹介会社を使うべき理由

転職活動は絶対に大手の人材紹介会社を使うべき理由 published on

ハローワークと人材紹介会社はどこが違うの?

ハローワークは国が行う就職支援サービスです。インターネットで求人検索もできますが、情報量は少なく、もちろん画像もありません。雇用条件や福利厚生、簡単な仕事内容だけが記載されているだけなので企業風土や雰囲気などは一切わかりません。

また、ハローワークでの求人では企業側も求人費用がかからないため、すべての企業が一概にそうとは言えませんが、費用をかけないで集まってくるレベルの人材で充分という考えが根底にあると言えます。

さらにハローワークでは掲載する企業の精査をせず、登録用紙に書かれた内容をそのまま載せているため、平気でブラック企業が掲載されていることもあります。

一方人材紹介会社の多くは求職者と企業側との契約が成立すると、企業側から求職者の年収をもとに算定した報酬が支払われるという成功報酬型の契約内容になっています。
企業側からしてみると高い求人コストをかけてでもよい人材を採り、企業の発展につなげたいという思いがあるのです。

企業側の人材の採用意欲という出発点からハローワークと人材紹介会社を使う企業で差があるといえます。

こんな人材紹介会社には要注意

しかし、人材紹介会社で求人をしてているからと言って信用できる企業かといえば必ずしもそうではありません。特に中小零細の人材紹介会社はブラック企業と結びついていることもあるのです。

例えばとても魅力的な求人を見つけて人材紹介会社に連絡してもその求人はすでに存在せず、コンサルタントに無理やり他の企業を勧められて面接に連れて行かれるということもあるようです。

つまり最初の魅力的な求人自体が釣りなのです。
これは職業安定法に抵触する違法行為です。

もし中小の人材紹介会社であまりにも待遇の良い求人情報を見つけた時は連絡する前に企業が実在するかどうか、コンサルタントの評価や人材紹介会社自体の企業情報を調査してから応募するようにしなければなりません。

中小の人材紹介会社は大手が営業をかけないような零細企業、フリーランスのエンジニアにも営業をかけているため、給与だけでなく福利厚生も整っていなかったり、職場環境が劣悪な事もあります。

中には掘り出し物的な求人があることも事実ですが、リスクを考えるとお勧めはできません。

どんな人材紹介会社を使えばいいの

ではどの人材紹介会社であれば安心して転職サポートを受けることができるのでしょうか。

それはズバリ大手の人材紹介会社です。
なんだそんなの当たり前…と思うかもしれませんが、大手の人材紹介会社ではブラック企業はまずないと言えます。それはブラック企業では人材の定着率が悪いため大手の人材紹介会社を使うと採算があわないからです。

高い成功報酬を支払って採用しても1カ月で退職されてしまったら赤字になってしまいます。

また、大手の人材紹介会社は求人依頼を受けた企業自体の調査も行っているうえ、現場に出向いてエンジニアとのミーティングを行うのはコンサルタントの基本業務です。

現場を見ることで企業風土や職場の雰囲気を感じることができ、求職者とのマッチングに役立ちます。そのため、例え求人企業が虚偽の会社情報や待遇を記載していればすぐにばれてしまいます。
もちろんコンサルタントがそういった企業を求職者に紹介することはありません。

人材紹介会社を通したのにあまりにも自分の希望と異なる職場を紹介されれば、人材紹介会社の悪い口コミはあっという間に広がりますし、登録求職者だけでなく求人企業の顧客を失うことになりかねません。

このように大手人材紹介会社ではコンサルタントがあらかじめ企業を調査するので、求人登録している企業の質が高いのはもちろん、コンサルタント自身の転職サポートスキルやIT業界の知識も豊富なのです。

女性なら女性向けの転職エージェントがおすすめですよ。
参考:女性の転職エージェントを比較

質の高い人材紹介会社とは?

大手と言われる人材紹介会社でも十数社はあります。
人気はリクルートエージェントや、マイナビエージェント、typeなどです。

リクルートは新卒採用サイトも運営する人材総合会社ともいえる業界最大手です。大企業なだけに良い人材があつまるのでコンサルタントのレベルが高く提案力に定評があります。

マイナビエージェントはリクルート程の求人情報はありません。しかし、その分コンサルタント1人が担当する求職者数が少なく、1人1人のサポートが手厚いという評判があります。

コンサルタントは人材紹介会社にもよりますが、常時100人~多いと数百人の求職者を抱えていると言われています。ですからあまりにも担当する求職者が多いとどうしても目の届きにくい求職者が出ることになってしまうのです。

また、マイナビエージェント非公開求人は業界でもトップクラスで、求人数の8割が非公開求人だと言われています。非公開求人は企業にとってよりマッチング度の高い人材と独占的に追うことができるというメリットがあります。求職者にとってもライバルとの競争が減るのでメリットは大きいと言えます。

転職業界大手のインテリジェンスが運営するDODAは上場企業からベンチャーまで幅広い求人を扱っており、大手ならではと言えます。DODAでは転職サイトの運営も行っています。

DODAでは転職サイトと人材紹介会社の機能がつながっており、どちらから登録しても同じようなサポートを受けることができるというよさがあります。

その他にもパソナキャリア、JACリクルートメントといった大手人材紹介会社があります。それぞれ、強い業界やサポートシステムには違いがあります。

転職を成功させる秘訣は、1つだけの人材紹介会社に頼らないで複数登録する事、それぞれの人材紹介会社や転職サイトの利点を併用して使いこなすことにあります。