Skip to content

人材紹介会社の登録を断られることってあるの?

人材紹介会社の登録を断られることってあるの? published on

職歴が増えていくことに罪悪感がある、という人もいるかもしれませんが、今はキャリアを積んでいく時代です。
終身雇用制度も崩壊しつつあるので、定年までずっと同じ企業で就業をすることが出来るという保障はどこにもありません。

転職をする際に人材紹介会社を利用して、自分の条件にあう仕事を紹介してもらう、という方法があります。
注意をしなければいけないのは、人材紹介会社は誰でも登録をすることが出来るわけではない、ということです。
中には登録は出来ても、実際に仕事を紹介することが難しいということもあります。
その場合には個人情報を人材紹介会社に伝えるだけになってしまうので、登録そのものを行わないほうがよいでしょう。

人材紹介会社に登録を断られるとはどのような時でしょうか?
例えば、短期間に転職をした回数が多い人であったり、アルバイトや派遣のみのキャリアしかない人は登録を断られることが多いようです。
基本的に人材紹介会社は正社員の紹介ということになるので、正社員としての勤務期間やキャリアを重要視します。
人材紹介会社の紹介手数料は安いものではないので、高い紹介料を払って紹介を受ける価値がある人材なのかということが大事になります。

ですから、正社員としての就業がない人は登録そのものを断られる傾向があります。
派遣社員であれば、そのまま派遣で就業をして正社員になる道もあるので、わざわざ正社員での求人を人材紹介会社に登録してまで紹介を受けなくてもよいということがあります。

離職期間が長すぎる、ということも企業が気にする点です。
離職期間が長いと気持ちの切り替えが行いにくくなってしまうので、どうしても仕事に慣れるまでに時間がかかってしまいます。
雇用をする企業側も出来るだけリスクを避けたいという気持ちがあるので、離職期間が長い人も紹介しにくい、ということが人材紹介会社にはあるようです。

また、今までの離職理由が曖昧であったり、ネガティブなものであった場合には、再び同じようなことが起きるのではないか、と考えてしまうことがあるため、登録を断られることがあります。
人材紹介会社も出来るだけ優秀な人材を紹介したいと考えていますし、紹介をしても不適合な人であれば、その人材紹介会社をリピートして利用をしたいと思わなくなってしまいます。
得意先を失わないためには、登録をする際に吟味をしなければいけない、ということがあるのです。