Skip to content

人材紹介会社を利用するデメリット

人材紹介会社を利用するデメリット published on

人材紹介会社を利用する場合、メリットばかりではありません。
当然デメリットもあります。
人材紹介会社はその企業が求めている人材を紹介し、就業をした場合に紹介手数料を受け取るシステムです。
ですからできるだけ多くの人材を紹介したいと考える場合があります。
紹介手数料を得るために、希望をしていない業種や職種を紹介して、とりあえず就業させる、という風に求人情報が操作されてしまうことがあります。

また紹介をして自己都合ですぐに退職されると、紹介手数料の払い戻しを行わなければいけないため、苦情があってもなんとか一定期間まで就業をしてもらうために操作されてしまうこともあります。
自分が希望をしている職種や業種の求人が少ない時に、なんとかして諦めるように説得される可能性があります。

人材紹介会社には専門のコンサルタントがいますが、そのコンサルタントと合わない、ということもあります。
担当者との相性が悪ければ、話をすることも億劫になってしまいますし、十分な話し合いを行わずに選考を進めてしまうことも考えられます。
そうなると全然希望に合わない仕事を紹介されてしまうこともあるので、コンサルタントとの相性というのは実はとても重要です。
合わないと感じた場合にはチェンジをしてもらうことも考えてみるとよいでしょう。
自分から担当のコンサルタントを選ぶことが出来ないということもデメリットになります。
コンサルタントにも様々なタイプの人がいます。
キャリアがある人ならば、安心をして任せることができますが、僧ではない場合には不安になってしまうことも多いです。
コンサルタントによって紹介内容にばらつきが出てしまうのは、人材紹介会社の大きな問題点であり、デメリットです。

一般的に人材紹介会社を利用する場合には、職務経歴書や履歴書を提出することになりますが、この管理についても不安に感じることがあるでしょう。
個人情報なので管理をしっかり行ってくれるところであれば安心できますが、管理についてチェックをすることができないのでこの点もデメリットになります。

1人でも多く紹介をしたいのですから、頻繁に連絡をしてくる人材紹介会社もあります。
早急に転職をしたいと考えているのであれば、連絡を頻繁に行ってる人材紹介会社はよいのかもしれません。
あまり急いで考えていないのであれば、そのことを伝えればよいですし、理解をして対応をしてくれる人材紹介会社もあります。