Skip to content

フリーターでもニートでも、エージェントを使って就職しよう!

フリーターでもニートでも、エージェントを使って就職しよう! published on

■就職しようと思ったら、手元に何もなかった。
人生、何かのきっかけで就職しようとする事もあります。逆に、何かのきっかけで社会人をお休みしたくなる事もあります。
しかし、社会人未経験でずっとニートであったりフリーターであった場合、気づいたら何のスキルも手につけてない、という事はありませんか?
「未経験可」という求人をハローワークや道端で見つけても、いきなり応募するのは…って思いますよね。

■一緒にお仕事を見つけてくれる「エージェント」を使ってみる。
キャリアのある人の転職ではよく使われる「人材紹介会社」ですが、最近は既卒・第二新卒向けの人材紹介会社もあります。
企業にはキャリアを持った人物ではなく、逆に何も経験していない人に任せたい仕事もあり、そういった質の良い求人が「人材紹介会社」に集まります。

■エージェントって何をするの?
自分たちの代わりに企業に応募したり、交渉してくれます。
また、必要であれば社会人知識を教えてくれたり、書類の添削・面接練習もしてくれます。

□ハタラクイブ
フリーター・既卒・第二新卒専門の人材紹介会社で、利用者は20代が中心、7割は正社員未経験者です。
ハタラクイブに登録すると、まず専任のエージェントが担当につき、あなたにあった求人を紹介してくれます。例えば、人材・教育・IT流通など1,000社以上の求人があります。
面接日程の調整や模擬面接のほか、面接後には企業の採用担当者の印象を教えてくれます。

□UZUZキャリアセンター
ハタラクイブと同じく、ユーザーはは20代が中心のフリーター・既卒・第二新卒専門の人材紹介会社です。月間の登録者数は300人と、毎日10人以上が登録している計算になります。
登録者一人ひとりと長時間に渡るカウンセリングを行い、必要であればトレーニングを行うことで、入社後のミスマッチを最小化し、離職率を下げることに成功しています。

■ハローワークとの違いは?
ハローワークでも仕事を探すことはできますが、コーナーに置いてある求人票を窓口に持っていくか、パソコンで求人票を探して窓口に持っていくことで、企業に「取り次いでくれる」というのがハローワークです。
一方、こういった人材紹介会社の場合、「あなたに合った会社を探して、就職までフォロー」してくれます。またUZUZさんのように、企業選びの前段階で、まず社会についてのセミナー等も開催してくれる場合もあります。

■おわりに
「学校出て、会社入って…」だけが人生ではありません。人生は一本道ではなく、色々あり人それぞれ違います。また、人それぞれ持ち味や個性があり、活かせる場所が必ずあります。ぜひエージェントを使って次のステップに進んでいきましょう。

日本最大手の人材紹介会社まとめ

日本最大手の人材紹介会社まとめ published on

■転職エージェント選びに、このリスト
ヘッドハンターから連絡を受けたり、人材紹介会社選びで迷っていませんか?
ここでは、日本で最大手と言われる人材紹介会社について特徴と共にリストアップしていきます。

■リクルートエージェント
約10,000社、約80,000件の圧倒的な求人数、年間約33,000名の転職紹介数に尽きます。
また、地方都市にも数多く支店があり、全国での求人に対応しています。
その実績の背景に、独自に収集・作成している企業データベース(風土・職場環境など)があり、求職者に高い評価を得ています。
また、圧倒的なネットワークにより、外資系企業・国内上場企業からベンチャーまで多くの求人が集まっており、業種ごとに専門のキャリア・コンサルタントが担当しています。

■DODA(デューダ)
リクルートエージェントと並ぶ2強の一角。インテリジェンスが運営する人材紹介サービスの総称です。
リクルートエージェント同等の約80,000件の圧倒的な求人数を誇り、2013年にテンプホールディングス傘下に入り、さらにサービスを強化しています。
キャリア・コンサルタントの質にも定評があり、平日夜や土日祝日といった時間外での対応や、全国の地方都市でのカウンセリングにも対応しています。

■JACリクルートメント
国内大手企業の他、海外拠点や海外連携企業といった求人に強いです。求人数は10,000件以上。東証一部に上場するジェイ エイ シー リクルートメントが運営する人材紹介会社
専門分野別のキャリア・コンサルタントを採用しているため、業界に精通したキャリア・コンサルタントが転職をバックアップ、問い合わせには原則24時間以内に対応しています。
主に、法人営業、経理・財務・法務、経営企画、金融専門職、メディカル専門職といった専門職の求人が多いです。

■パソナキャリア
求人数は少なめですが、「量より質」というタイプの人材紹介会社です。また、利用者の6割以上が40歳以上で、9割以上が転職成功、転職成功者の67%が年収アップしたとの事です。
過去にオリコンランキング「転職サイト」で2位を獲得した実績にも納得ですね。
求人内容は幅広いネットワークをバックボーンに、全国の正社員転職情報が豊富で、女性向け案件にも強いです。

■マイナビエージェント
求人数は約23,000件とそこそこですが、一般・専門・ベンチャーと幅広くカバーしているのがマイナビエージェントの特徴です。また、大学新卒の95%が利用している、という実績も大きいです。
マイナビエージェントの特徴は、書類選考率。一般的な書類選考率は2割~3割と言われますが、マイナビエージェントを利用して添削してもらうと、書類通過8割と言われています。
また、キャリア・コンサルタントによる面接対策もしっかり行っており、就職まで全力でサポートしてくれます。
万が一キャリア・コンサルタントが合わない場合でも、カスタマーサービスに連絡すればキャリア・コンサルタントを変更して頂く事ができるようになっている点もポイントです。

■おわりに
しかし大手人材紹介会社には登録に審査がある場合が多く、登録した全ての方に案件がある訳でもない、というのも現状です。人材紹介会社は複数社同時にエントリーしても良いので、大手ばかりではなく小規模~中堅のバックアップとしての利用も検討してみてください。

人材紹介会社(キャリア・コンサルタント)のクレーム

人材紹介会社(キャリア・コンサルタント)のクレーム published on

■人材紹介会社でのクレームは複雑化する場合がある
人材紹介会社を使った時、自身と企業の間に「人材紹介会社」が入る為、「入社したら事実と違う」「企業とコンサルタントで言い分に食い違いがある」といったクレームが目立ちます。
もちろん自身の目線でのクレームですので、三者三様に何かあり、上手く調整できればパッピーになると思います。

■クレームを入れる前に責任の切り分けをする。
ある求職者は、最終面接で圧迫面接を受けた事をクレームとしてキャリア・コンサルタントにクレームを入れました。しかし、キャリア・コンサルタントからすれば面接の内容は企業や面接者により決められる為、口を挟めないのが現実です。
一方、コンサルタント自身の努力不足であったり落ち度である場合は、人材紹介会社へクレームを入れるべきです。例えばキャリア・コンサルタントとの相性が悪い、具体的には「ほうれんそう」がスムーズにいかない、などです。
最終的には、応募企業と3者でスムーズに希望の企業へ就職できるよう、協力する体制・考え方が大事だと思います。

■企業側に問題がある場合
一方、企業側に問題のある場合もあるようです。
ある職場では、「入社した途端に過重労働を課された」といった話や、「入社前の職務内容と違う」といった話もよくあります。
しかし、一般的に人材紹介会社は企業と「入社後2~3ヶ月後に年収の30%を報酬として払う」といった契約をしており、企業は求職者と直接の雇用契約を締結している為、こちらも人材紹介会社としては口を挟めないのが現状です。
この場合、労働基準監督署といった公の機関に相談なさるのが良いかと思います。

■人材紹介会社へのクレームは?
人材紹介会社によってはクレーム窓口を設けている場合もありますが、日本人材紹介事業協会といった公の機関も存在します。

■あらかじめリスクヘッジを
すぐにトラブルが解決しない場合も考え、リスクヘッジとして人材紹介会社は複数エントリーし、同時並行するよう心がけるのが良いようです。
それにより、片方の人材紹介会社でトラブルが発生しても、取引を取り消すだけで引き続き求職活動を続けることができます。
2社並行は少し大変かもしれませんが、リスクヘッジはとても大切です。

■おわりに
人材紹介会社を使う際にも、キャリア・コンサルタントとの相性もあり、企業との相性もあるので、現実はとても大変です。しかしそれ以上に、メリットも大きいのが人材紹介会社の特徴です。みなさまの転職活動が上手くいくことをお祈りいたします。

人材紹介会社(コンサル)とは?

人材紹介会社(コンサル)とは? published on

■人材紹介会社とは
転職にあたり、転職サイトで求人を探す他、もう1つの方法として「人材紹介会社」を使う方法があります。厳密には、厚生労働省から許認可を受けた民間企業により、求人企業からの紹介料で運営される「有料職業紹介事業」という表現ですが、一般的には「人材紹介会社」「ヘッドハンター」「キャリア・コンサルタント」といった呼び方でも呼ばれています。(以下、キャリア・コンサルタントにて統一)

■人材紹介会社の特徴とポイント
転職サイトと同じく、非公開求人を扱う等共通する部分もありますが、一番の違いは担当のキャリア・コンサルタントにより、企業の提案や採用までの相談・サポートが得られる事です。

大きくわけて2種類×2種類のコンサルタントがあります。
1)登録型
あらかじめエントリーをしておき、企業から求人があった際にピックアップされるのが登録型です。これにより、企業はすぐによりすぐった人を選考する事ができ、スピーディに転職活動が進む事になります。

2)サーチ型
元々は「エグゼクティブサーチ」と呼ばれ、役員・管理職クラスの候補者の紹介が主でしたが、最近はエンジニアやスペシャリストについても同様にヘッドハント・スカウトが始まっています。

A)総合型
大手人材紹介会社では、主にこちらが多いです。求人案件が多く、幅広い業種・職種を取り扱います。その為、キャリアチェンジを希望される場合含め登録者も多いのも特徴です。

B)専門型
総合型と対するように、専門職を専門に扱うのが専門型です。
小規模~中堅のコンサルタントが多く、特定の業界・職種を専門に取り扱います。その為、求人案件は少ないですが、既に持っている専門性を活かせる求人案件を多く取り扱います。

■キャリア・コンサルタントとの二人三脚
キャリア・コンサルタントは、その名の通り自分自身と向き合って転職を成功させてくれるコンサルタントです。様々な企業への提案・応募にはじまり、面接のセッティングなどをサポートしてくれます。また、面接練習や不採用の際の理由についてなど、一般の採用活動では非公開となる情報を教えて貰える場合もあります。

■人材紹介会社の使い方
人材紹介会社の利用は、一般的に無料です。その為、複数登録して様子を伺う方が良いでしょう。
最大手として、DODA、リクルートエージェントなどありますが、イーキャリアFAでヘッドハントされるのも良いです。

■ダメな人材紹介会社
なかなか人材紹介会社の良い・悪いは聞かないですよね。
中には応募のあった方の経歴書を、勝手に匿名化してFAXで企業に送信…というところもあります。気をつけたいです。
身の回りに人材紹介会社を使ったことのある方が居れば、感想を教えてもらったり紹介して貰うと良いでしょう。

■おわりに
「ヘッドハントって、慣れなくていつも怖い…」という方も居らっしゃるかもしれませんが、何てことはありません。彼らもあなたの価値を感じてヘッドハンティングしているのです。リクルーティングの一種ですので、安心して飛び込んでみてください。

ニートでも人材紹介会社に登録できるの?

ニートでも人材紹介会社に登録できるの? published on

人材紹介会社は基本的に正社員として雇用をされた経験がある人が利用をするところです。
正社員としての就業経験がない人は登録が出来ないことも多いです。

ニートであれば、人材紹介会社を利用することはできないのでしょうか?
中には、離職した期間が長くなってしまえば登録を断るという人材紹介会社もあります。
しかし、ニートであっても登録をすることが出来る人材紹介会社はあるので、探してみるとよいでしょう。

特に地方の場合には、地域密着型の求人を取り扱っている人材紹介会社があるので、そのようなところを利用してみるのも1つの方法です。
出来るだけ地域の人の雇用を促進したいということで人材を紹介したり、また雇用をする企業も多いので、ニートであっても就業は行いやすいです。
それだけではなく、仕事に関する悩みなどの相談に乗ってくれる人材紹介会社もあり、不安を取り除き、長期間就業をすることが出来るように配慮をしてくれるところも多いです。

ニートだからと言って諦めることはありません。
希望をする職種や業種に就くことが出来るように、支援をしてくれる人材紹介会社もあります。

1社のみだけではなく、複数の人材紹介会社に登録をしてみるのもよいでしょう。
1社のみにこだわっていると、中々希望に沿う求人情報を見つけることが出来ないという可能性もあるので、複数利用をすることも考えたほうがよいです。

人材紹介会社の中には、ニートのための研修を行ってくれているところもあります。
民間の人材紹介会社だけではなく、公的なハローワークを利用してみるのもいいかもしれません。
ハローワークであれば、就業をする意欲がある人ならば、誰でも利用をすることができますし、職業訓練を受けることが出来るシステムもあります。
職業訓練を受けて、今まで経験をしたことがない職業に就いてみるのもよいでしょう。
もしも、民間の人材紹介会社での登録を複数行って全て断られた、というのであれば、ハローワークに足を運んでみるのもよいです。
ニートだから断られた、と嘆くよりも行動に移してみましょう。

ニートでも登録をすることが出来る人材紹介会社の中には悪徳なところもあるので、その点は注意をしたほうがよいです。
どんな人でも構わないので、とりあえず条件などを気にせずに紹介してしまおう、というのは紹介料だけを目的としている可能性があるので、相談にも乗ってくれませんし、トラブルになる可能性も高いので避けたほうがよいでしょう。

人材紹介会社と直接応募、どっちが良いの?

人材紹介会社と直接応募、どっちが良いの? published on

■企業へのアプローチの仕方
皆さん転職にあたり、人材紹介会社を使った転職と、転職サイトやコーポレートサイトからの直接応募、どちらが良いか考えた事はありますでしょうか?
筆者はどちらも経験しており、その上でのメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。

■人材紹介会社の特徴とメリット
人材紹介会社のメリットは、何より人材紹介会社と企業の信頼関係の上でその会社に入社する事が出来る、という事です。また、その会社の風土や雰囲気などの詳細や面接のリターン等、様々な情報をもらうこともできます。
また、人材紹介会社だけに開示されている所謂「非公開求人」といった案件にもアプローチでします。

■直接応募の特徴とメリット
転職サイトやコーポレートサイトからの直接応募は、手間はかかりますが数を打つ事が出来ることや、採用予算が限られる中小企業・ベンチャー企業にもアプローチする事が出来ることです。また、社員の方の知り合いによる縁故採用といった形も直接応募となり、IT系ベンチャー企業では歓迎される採用形態です。
しかしキャリア・コンサルタントといったパートナーは居ない為、トラブルがあった際もすべて自力で解決する必要があります。

■見極めるラインは?
一概にこれとは言えませんが、人材紹介会社の成約手数料は採用した方の年収の3割前後と言われています。仮に年収500万円とした場合150万円です。ここに人事・総務の実際の稼働が加わるので、+40万円程度を観たいところです。
一方、直接応募の場合、CM等である程度名の知れた企業の場合応募多数により書類選考漏れが発生する事がありますが、そこまででも無い中小企業やベンチャーの場合は人材紹介会社への成約手数料を払う必要が無い為、採用予算を低く抑える事ができます。一説に「直接応募の方が内定しやすい」と言われるのはこの為です。

■非公開求人に直接応募でアプローチしても良い?
グレーゾーンですが、その企業の役員や人事にアプローチする事ができれば、その企業の非公開求人にアプローチする事が可能な場合もあります。
また、私自身その方法でオープンになる前の求人を得た事もあり、一概に悪いとは言い切れません。しかし、コネクションなどを使いいかにアプローチするかによって変わってきますので、積極的におすすめはできません。

■おわりに
なかなか一概に言い切れない、転職のアレコレ。ケース・バイ・ケースの事が多いですので、この記事を参考に是非チャレンジしてみてください。

人材紹介会社の登録を断られることってあるの?

人材紹介会社の登録を断られることってあるの? published on

職歴が増えていくことに罪悪感がある、という人もいるかもしれませんが、今はキャリアを積んでいく時代です。
終身雇用制度も崩壊しつつあるので、定年までずっと同じ企業で就業をすることが出来るという保障はどこにもありません。

転職をする際に人材紹介会社を利用して、自分の条件にあう仕事を紹介してもらう、という方法があります。
注意をしなければいけないのは、人材紹介会社は誰でも登録をすることが出来るわけではない、ということです。
中には登録は出来ても、実際に仕事を紹介することが難しいということもあります。
その場合には個人情報を人材紹介会社に伝えるだけになってしまうので、登録そのものを行わないほうがよいでしょう。

人材紹介会社に登録を断られるとはどのような時でしょうか?
例えば、短期間に転職をした回数が多い人であったり、アルバイトや派遣のみのキャリアしかない人は登録を断られることが多いようです。
基本的に人材紹介会社は正社員の紹介ということになるので、正社員としての勤務期間やキャリアを重要視します。
人材紹介会社の紹介手数料は安いものではないので、高い紹介料を払って紹介を受ける価値がある人材なのかということが大事になります。

ですから、正社員としての就業がない人は登録そのものを断られる傾向があります。
派遣社員であれば、そのまま派遣で就業をして正社員になる道もあるので、わざわざ正社員での求人を人材紹介会社に登録してまで紹介を受けなくてもよいということがあります。

離職期間が長すぎる、ということも企業が気にする点です。
離職期間が長いと気持ちの切り替えが行いにくくなってしまうので、どうしても仕事に慣れるまでに時間がかかってしまいます。
雇用をする企業側も出来るだけリスクを避けたいという気持ちがあるので、離職期間が長い人も紹介しにくい、ということが人材紹介会社にはあるようです。

また、今までの離職理由が曖昧であったり、ネガティブなものであった場合には、再び同じようなことが起きるのではないか、と考えてしまうことがあるため、登録を断られることがあります。
人材紹介会社も出来るだけ優秀な人材を紹介したいと考えていますし、紹介をしても不適合な人であれば、その人材紹介会社をリピートして利用をしたいと思わなくなってしまいます。
得意先を失わないためには、登録をする際に吟味をしなければいけない、ということがあるのです。

ここに注意!悪徳人材紹介会社を見分けるポイント

ここに注意!悪徳人材紹介会社を見分けるポイント published on

転職をスムーズに行う方法の1つに人材紹介会社を利用することがあります。
しかしどこも安心をして利用をすることが出来るわけではありません。
民間の人材紹介会社が増加をしている今だからこそ、安心して仕事の紹介を受けることが出来る人材紹介会社を見極めることが大事です。

悪徳人材紹介会社も増加をしています。
見極めるポイントはいくつかあるので、ウェブサイトで検索をしてチェックをしておくとよいです。

大まかには、求職者が望んでいないような求人を紹介し、就業させようとする。
コンサルタントの対応が失礼、何度も電話がかかってくる、その電話を気にすることがなくかかってくる、というようなことがあります。
人材紹介会社は紹介料を受け取って利益を出す仕事なので、紹介をすることができなければ、利益がゼロになってしまいます。
ですから、求職をしている人であればどんな仕事であっても紹介をしたいmという気持ちがあるのです。

良心的な人材紹介会社の場合には、求人情報があまりない時であれば、そのことを正直に話してくれます。
マッチする案件が出た時にすぐに案内をしてくれるので、焦ることもありません。

他にもブラック企業の仕事を紹介する、ということがあります。
ブラック企業に関しては今はオンラインで検索をすると分かるようになっているので、参考にしやすいです。

実際、悪徳人材紹介会社を見極めるというのは、難しい場合があります。
利用をした時の体験談をブログに掲載している人もおり、それらを参考にするのもよいでしょう。
社名を掲載しているブログもあるので参考になります。

コンサルタントの言葉遣いも注意をするとよいです。
上から目線で話すような人であったり、随分と馴れ馴れしい口調で話してくる人であったり、挨拶をすることが出来ない人は、コンサルタントである前に社会人としてどうなのか、と疑ってしまいます。
親身になって話を聞いてくれる人、言葉遣いも気分が悪くならないような人であることも大事です。

ファーストコンタクトとして、コンサルタントと電話や直接人材紹介会社に足を運んで話をすると思いますが、希望や今までのキャリアなど細かい話をする前に履歴書や経歴書の提出を求めるようなところも悪徳人材紹介会社の可能性があります。
個人情報を抜き取られる可能性もあるので、そのような対応をするところは利用をしないほうがよいでしょう。

他にも各都道府県の労働局の許可が必要となる仕事なので、名刺に許可番号が記載されていないところも避けたほうがよいです。

人材紹介会社を利用するデメリット

人材紹介会社を利用するデメリット published on

人材紹介会社を利用する場合、メリットばかりではありません。
当然デメリットもあります。
人材紹介会社はその企業が求めている人材を紹介し、就業をした場合に紹介手数料を受け取るシステムです。
ですからできるだけ多くの人材を紹介したいと考える場合があります。
紹介手数料を得るために、希望をしていない業種や職種を紹介して、とりあえず就業させる、という風に求人情報が操作されてしまうことがあります。

また紹介をして自己都合ですぐに退職されると、紹介手数料の払い戻しを行わなければいけないため、苦情があってもなんとか一定期間まで就業をしてもらうために操作されてしまうこともあります。
自分が希望をしている職種や業種の求人が少ない時に、なんとかして諦めるように説得される可能性があります。

人材紹介会社には専門のコンサルタントがいますが、そのコンサルタントと合わない、ということもあります。
担当者との相性が悪ければ、話をすることも億劫になってしまいますし、十分な話し合いを行わずに選考を進めてしまうことも考えられます。
そうなると全然希望に合わない仕事を紹介されてしまうこともあるので、コンサルタントとの相性というのは実はとても重要です。
合わないと感じた場合にはチェンジをしてもらうことも考えてみるとよいでしょう。
自分から担当のコンサルタントを選ぶことが出来ないということもデメリットになります。
コンサルタントにも様々なタイプの人がいます。
キャリアがある人ならば、安心をして任せることができますが、僧ではない場合には不安になってしまうことも多いです。
コンサルタントによって紹介内容にばらつきが出てしまうのは、人材紹介会社の大きな問題点であり、デメリットです。

一般的に人材紹介会社を利用する場合には、職務経歴書や履歴書を提出することになりますが、この管理についても不安に感じることがあるでしょう。
個人情報なので管理をしっかり行ってくれるところであれば安心できますが、管理についてチェックをすることができないのでこの点もデメリットになります。

1人でも多く紹介をしたいのですから、頻繁に連絡をしてくる人材紹介会社もあります。
早急に転職をしたいと考えているのであれば、連絡を頻繁に行ってる人材紹介会社はよいのかもしれません。
あまり急いで考えていないのであれば、そのことを伝えればよいですし、理解をして対応をしてくれる人材紹介会社もあります。

人材紹介会社を利用するメリット

人材紹介会社を利用するメリット published on

人材紹介といえば、古くはハローワークがありました。
地域の求人情報を集め、その上で職探しをしている人に求人を斡旋するという方法です。
今はハローワークだけではなく、民間の人材紹介会社も増加をしています。
転職エージェントという形で多くの会社があり、希望に沿う求人を紹介してくれる転職エージェントを利用する人も増加しています。

人材紹介会社を利用するメリットは、企業側にとっては人材の詳細を事前にチェックをすることができる、という点にあります。
基本情報も知ることができ、卒業をした学校や持っている資格についても知ることが出来るので、選考の際に参考になることが多いです。
キャリアも分かるようになっているので、その人が今までどんな仕事をしてきたのか、ということも分かります。
自社が希望をする人材を見つけやすいというメリットがあります。

求人を探している人にとっては、自分だけでは探すことが出来なかった求人情報を提供してくれたり、条件を伝えておくことによって、その条件に合う求人を紹介してくれることがあります。
今、仕事をしていて転職を考えているという人の場合、転職活動をする時間を十分に取ることが出来ない場合が多いです。
人材紹介会社を利用することによって、自分の代わりに転職活動をしてくれるので、時間のロスも抑えることができます。

人材紹介会社は紹介の依頼を受けた時点でその企業の担当者と話をしたり、条件について細かい打ち合わせを行うので、この企業であれば大丈夫だと思った時に求人情報を公開することが一般的です。

近年では企業トラブルも増加をしており、ハラスメントも多いのでそのようなトラブルを起こしそうな企業を避けることも大事です。これが個人で動いていた場合、トラブルを起こしそうかという判断を行うことが困難です。

人材紹介会社を利用することによって、転職エージェントから適切なアドバイスを受けることが出来るので、自分に合う仕事、企業を探すことができます。
条件にマッチングした企業を紹介してもらえるので、長く勤務をすることができるかもしれません。

特にIT業界はブラック企業が多いので、転職を考えているシステムエンジニア(SE)は転職エージェントを利用することをおすすめします。

また自分に適した仕事についてもアドバイスをしてくれる人材紹介会社もあるので、全く考えていなかった分野を紹介してくれるかもしれません。
求人情報や企業情報の幅が広がる、というメリットがあるので、人材紹介会社の需要も高くなっています。

キャリアシートの提出で情報を管理することが出来るので、自分のキャリアを生かす仕事を見つけることもできます。

転職活動は絶対に大手の人材紹介会社を使うべき理由

転職活動は絶対に大手の人材紹介会社を使うべき理由 published on

ハローワークと人材紹介会社はどこが違うの?

ハローワークは国が行う就職支援サービスです。インターネットで求人検索もできますが、情報量は少なく、もちろん画像もありません。雇用条件や福利厚生、簡単な仕事内容だけが記載されているだけなので企業風土や雰囲気などは一切わかりません。

また、ハローワークでの求人では企業側も求人費用がかからないため、すべての企業が一概にそうとは言えませんが、費用をかけないで集まってくるレベルの人材で充分という考えが根底にあると言えます。

さらにハローワークでは掲載する企業の精査をせず、登録用紙に書かれた内容をそのまま載せているため、平気でブラック企業が掲載されていることもあります。

一方人材紹介会社の多くは求職者と企業側との契約が成立すると、企業側から求職者の年収をもとに算定した報酬が支払われるという成功報酬型の契約内容になっています。
企業側からしてみると高い求人コストをかけてでもよい人材を採り、企業の発展につなげたいという思いがあるのです。

企業側の人材の採用意欲という出発点からハローワークと人材紹介会社を使う企業で差があるといえます。

こんな人材紹介会社には要注意

しかし、人材紹介会社で求人をしてているからと言って信用できる企業かといえば必ずしもそうではありません。特に中小零細の人材紹介会社はブラック企業と結びついていることもあるのです。

例えばとても魅力的な求人を見つけて人材紹介会社に連絡してもその求人はすでに存在せず、コンサルタントに無理やり他の企業を勧められて面接に連れて行かれるということもあるようです。

つまり最初の魅力的な求人自体が釣りなのです。
これは職業安定法に抵触する違法行為です。

もし中小の人材紹介会社であまりにも待遇の良い求人情報を見つけた時は連絡する前に企業が実在するかどうか、コンサルタントの評価や人材紹介会社自体の企業情報を調査してから応募するようにしなければなりません。

中小の人材紹介会社は大手が営業をかけないような零細企業、フリーランスのエンジニアにも営業をかけているため、給与だけでなく福利厚生も整っていなかったり、職場環境が劣悪な事もあります。

中には掘り出し物的な求人があることも事実ですが、リスクを考えるとお勧めはできません。

どんな人材紹介会社を使えばいいの

ではどの人材紹介会社であれば安心して転職サポートを受けることができるのでしょうか。

それはズバリ大手の人材紹介会社です。
なんだそんなの当たり前…と思うかもしれませんが、大手の人材紹介会社ではブラック企業はまずないと言えます。それはブラック企業では人材の定着率が悪いため大手の人材紹介会社を使うと採算があわないからです。

高い成功報酬を支払って採用しても1カ月で退職されてしまったら赤字になってしまいます。

また、大手の人材紹介会社は求人依頼を受けた企業自体の調査も行っているうえ、現場に出向いてエンジニアとのミーティングを行うのはコンサルタントの基本業務です。

現場を見ることで企業風土や職場の雰囲気を感じることができ、求職者とのマッチングに役立ちます。そのため、例え求人企業が虚偽の会社情報や待遇を記載していればすぐにばれてしまいます。
もちろんコンサルタントがそういった企業を求職者に紹介することはありません。

人材紹介会社を通したのにあまりにも自分の希望と異なる職場を紹介されれば、人材紹介会社の悪い口コミはあっという間に広がりますし、登録求職者だけでなく求人企業の顧客を失うことになりかねません。

このように大手人材紹介会社ではコンサルタントがあらかじめ企業を調査するので、求人登録している企業の質が高いのはもちろん、コンサルタント自身の転職サポートスキルやIT業界の知識も豊富なのです。

女性なら女性向けの転職エージェントがおすすめですよ。
参考:女性の転職エージェントを比較

質の高い人材紹介会社とは?

大手と言われる人材紹介会社でも十数社はあります。
人気はリクルートエージェントや、マイナビエージェント、typeなどです。

リクルートは新卒採用サイトも運営する人材総合会社ともいえる業界最大手です。大企業なだけに良い人材があつまるのでコンサルタントのレベルが高く提案力に定評があります。

マイナビエージェントはリクルート程の求人情報はありません。しかし、その分コンサルタント1人が担当する求職者数が少なく、1人1人のサポートが手厚いという評判があります。

コンサルタントは人材紹介会社にもよりますが、常時100人~多いと数百人の求職者を抱えていると言われています。ですからあまりにも担当する求職者が多いとどうしても目の届きにくい求職者が出ることになってしまうのです。

また、マイナビエージェント非公開求人は業界でもトップクラスで、求人数の8割が非公開求人だと言われています。非公開求人は企業にとってよりマッチング度の高い人材と独占的に追うことができるというメリットがあります。求職者にとってもライバルとの競争が減るのでメリットは大きいと言えます。

転職業界大手のインテリジェンスが運営するDODAは上場企業からベンチャーまで幅広い求人を扱っており、大手ならではと言えます。DODAでは転職サイトの運営も行っています。

DODAでは転職サイトと人材紹介会社の機能がつながっており、どちらから登録しても同じようなサポートを受けることができるというよさがあります。

その他にもパソナキャリア、JACリクルートメントといった大手人材紹介会社があります。それぞれ、強い業界やサポートシステムには違いがあります。

転職を成功させる秘訣は、1つだけの人材紹介会社に頼らないで複数登録する事、それぞれの人材紹介会社や転職サイトの利点を併用して使いこなすことにあります。