Skip to content

ここに注意!悪徳人材紹介会社を見分けるポイント

ここに注意!悪徳人材紹介会社を見分けるポイント published on

転職をスムーズに行う方法の1つに人材紹介会社を利用することがあります。
しかしどこも安心をして利用をすることが出来るわけではありません。
民間の人材紹介会社が増加をしている今だからこそ、安心して仕事の紹介を受けることが出来る人材紹介会社を見極めることが大事です。

悪徳人材紹介会社も増加をしています。
見極めるポイントはいくつかあるので、ウェブサイトで検索をしてチェックをしておくとよいです。

大まかには、求職者が望んでいないような求人を紹介し、就業させようとする。
コンサルタントの対応が失礼、何度も電話がかかってくる、その電話を気にすることがなくかかってくる、というようなことがあります。
人材紹介会社は紹介料を受け取って利益を出す仕事なので、紹介をすることができなければ、利益がゼロになってしまいます。
ですから、求職をしている人であればどんな仕事であっても紹介をしたいmという気持ちがあるのです。

良心的な人材紹介会社の場合には、求人情報があまりない時であれば、そのことを正直に話してくれます。
マッチする案件が出た時にすぐに案内をしてくれるので、焦ることもありません。

他にもブラック企業の仕事を紹介する、ということがあります。
ブラック企業に関しては今はオンラインで検索をすると分かるようになっているので、参考にしやすいです。

実際、悪徳人材紹介会社を見極めるというのは、難しい場合があります。
利用をした時の体験談をブログに掲載している人もおり、それらを参考にするのもよいでしょう。
社名を掲載しているブログもあるので参考になります。

コンサルタントの言葉遣いも注意をするとよいです。
上から目線で話すような人であったり、随分と馴れ馴れしい口調で話してくる人であったり、挨拶をすることが出来ない人は、コンサルタントである前に社会人としてどうなのか、と疑ってしまいます。
親身になって話を聞いてくれる人、言葉遣いも気分が悪くならないような人であることも大事です。

ファーストコンタクトとして、コンサルタントと電話や直接人材紹介会社に足を運んで話をすると思いますが、希望や今までのキャリアなど細かい話をする前に履歴書や経歴書の提出を求めるようなところも悪徳人材紹介会社の可能性があります。
個人情報を抜き取られる可能性もあるので、そのような対応をするところは利用をしないほうがよいでしょう。

他にも各都道府県の労働局の許可が必要となる仕事なので、名刺に許可番号が記載されていないところも避けたほうがよいです。